知っておきたい乳がん検診のこと

検診方法の向き不向き

乳がんの検診の代表的な方法

公的な乳がん検診といえば問診とマンモグラフィが基本となっているようですが、先にもお話したように乳腺濃度には個人差があるので、これだけですべての腫瘍を見つけ出すことは難しいといえます。

乳がん検診で使用されるマンモグラフィというのは、乳房の内部の「石灰化」を見つけるための画像診断です。
「石灰化」というのは乳腺の中にできた小さなカルシウムのかたまりのことで、これを早期に見つけることができるか否かがその後の命運を分けることになってしまうのです。

石灰化も乳腺もマンモグラフィ上では同じように白っぽい影として写し出されるものなので、乳腺濃度が高いと石灰化を見落としてしまう危険性があります。
またマンモグラフィはX線検査であることから、多少とは言え被爆の恐れがあり妊娠していたり授乳中であるという女性は受けることができないという問題点もあるのです。

自分にあった検診方法を選択しよう!

マンモグラフィ検査が適切ではないというような場合には、エコーと言われる超音波検査がいいでしょう。
エコーなら被爆の心配もありませんし、乳腺が発達していても影響ありませんから乳腺濃度が高いという人にもおすすめな検査であると言えるのです。

その場で検診結果が出ることがエコーの魅力だと言えますが、その分検査を行う医療従事者の判断力によって結果が左右されてしまうというデメリットもあるようです。
また乳がん検診のエコーは画像を記録として残すようなものではないため、以前の状態と比較することができないという点が難点です。
マンモグラフィにもエコーにもそれぞれにメリットとデメリットがありますから、まずはその判断を委ねられるような信頼できる専門医を見つけることが先決かもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る